HOME>特集>地域にとけ込むことができる、そうした価値に注目

備えたいことがある

間取り図

横浜の地域では、取得している不動産に万が一のことがないように、対策や備えについて不動産に精通するアドバイザーに相談しているようです。もしも災害が起こったら、地震が起こったら、地震・火災保険が安堵感になるでしょうし、地盤沈下しないように『地耐力』の調査をしておくこともアドバイスしてくれます。移住・住み替え支援も注目されており、耐久性、長期にわたるメンテナンス制度を予め備えた新築住宅を移住支援適合住宅として認めています。いわゆるマイホーム借上げ制度ですが、こうした備えられるアドバイスに注目が集まっています。

環境に魅力を感じる

住宅模型

横浜の不動産取得では、建物というよりもなぜかしら地域性が注目されています。安全で快適に暮らすには『家』が必要で、マンションや戸建てを取得します。しかし、周りの環境次第で快適化が実現できるのか、ということに直結しています。防災や防犯活動も、訓練や巡回にて地域の人と協力して取り組むことがあるようです。安心に付帯して楽しく住むために、地域の歴史的な住まいを観察し、その歴史的建造物をマネて注文住宅をつくることもあるようです。造園なども横浜エリアでは注目され始めており、気候風土に合った工夫を凝らす不動産取得が話題です。それが、菜園づくりやガーデニングなど、環境に配慮したり、緑を増やす活動などでもあります。

広告募集中